蜂の巣の駆除は安全性をしっかり確認してから行なおう

男性スタッフ

非常に危険な生物

悩む女性

蜂は近年、人が住む民家に巣を作り、被害をもたらすトラブルが増えてきています。蜂の巣はそのままにしておくと、どんどん大きくなってしまうので早めに駆除を行なうことが大切です。放っておくと数も増えてとても危険です。

Read More

種類によっても性質が違う

女の人

蜂の巣の被害は近年とても多くなっています。被害が拡大する前に、一刻も早く駆除作業を行なう必要があります。蜂の巣は成長すると、自分で駆除を行なうことが危険なので業者のほうに依頼するといいでしょう。

Read More

事前の準備が大事

ハチの巣

蜂は、人間にとってとても危険性の高い生物です。敵とみなしたものには、刺して攻撃するという習性を持っています。刺されると毒が体内に入ってしまい、皮膚のかゆみや痛みを伴う炎症が起こったり、臓器の機能を低下させてしまい命を落としてしまったりといったことが起こるのです。このようなトラブルから身を守るためにも、蜂の巣を発見したらいち早く駆除を行なうことが大切なのです。蜂の巣の駆除作業は、蜂の種類によって違います。蜂の種類によって様々な性質を持っています。日中に活動するものや、夜行性の種類のものもいます。その種類の性質を把握したうえで、駆除作業に取り掛かっていくことが必要なのです。また、種類によって巣の構造も違います。頑丈に作っているものや、比較的薄い構造で作られているものなど様々なものがあります。駆除作業を行なう前に、きちんと巣の構造を把握しておくといいでしょう。

蜂の巣の駆除を行なうには、事前の準備が肝心です。作業時に攻撃される可能性が非常に高いので、防護服を着用します。頭からつま先まで完全に守ることができる防護服で身を包んでおきましょう。蜂はどんな小さな隙間からでも侵入してくる恐れがあります。その危険から身を守るためにも、完全防備できる服を着用しましょう。また、駆除作業を行なうときには、時間帯も選ぶ必要があります。最適な時間帯は、日が落ちた後になります。日中は活発に動いている蜂が多いです。そのため、日がまだ登っている時間に作業を行なうと、攻撃される可能性が高いです。蜂の活動が落ち着いた頃を見計らって、駆除作業を行なうといいでしょう。蜂の巣のサイズが小さい場合は、自分でも対処できますが、大きいものだと危険なので専門の駆除業者のほうに依頼しましょう。

適した時期に行なう

家

人の住む民家に蜂の巣が発生することが多くなってきています。蜂の巣は発見したら、早急に駆除を行なうことが大切です。駆除に適した時期は、蜂が冬眠に入る冬です。夏は活動的になるので、危険性が高まってしまいます。

Read More