蜂の巣の駆除は安全性をしっかり確認してから行なおう

3人の作業員

適した時期に行なう

家

以前だと森や山などの自然がある場所に多く生息していた蜂。しかし、最近では人が多く住む都会でもたくさんの蜂が発生するようになってきています。それに伴い、蜂の巣の被害が各地で多発しています。都会に生息する数が多くなった理由は、クマやその他の野生動物から逃れるためといえます。森や山などの自然の中では、蜂の生命を脅かす様々な生物が潜んでいます。安全な環境に身を置くため、人がたくさん暮らす都会に蜂の巣を作るということが増えてきているのです。

蜂の巣は、高い場所に作られることが多いです。そのため、民家の屋根や玄関などといった箇所に発生するケースが高いのです。蜂の巣は、風や雨などといった自然災害の影響をあまり受けない場所を選んで作られます。人の住む民家は、その環境が整っていることが多いのです。蜂の巣を作るには、絶好の環境となっているため、被害が増えてきているのです。このような蜂の巣が発生してしまった場合には、素早く駆除を行なうことが大事です。駆除に適している時期は、11月から3月の間と言われています。その時期は、蜂が冬眠に入っていることが多いので、駆除作業がしやすいのです。攻撃される危険性が低く、安全に駆除が行えるのです。逆に、蜂の活動が活発になる8月から10月の間はとても危険です。この時期に駆除を行おうとしたら、刺される可能性が高くなりますので気をつけましょう。巣を退治するには、スピーディーな動作と一度で完全に駆除を行なうことが大切です。駆除を専門に行なっている業者のほうに依頼すると、的確に巣を駆除してくれます。巣のサイズが大きくなってしまうと、自分で駆除をすることはとても危険なので、業者に作業を依頼することをおすすめします。